捨てるのはもったいない!コーヒー豆のかすを最大限に活用する方法

その他

このブログに足を運んでいただいて、ありがとうございます!
川越りさ(@risa_kawagoe_v)です☆

 

我が家では朝に3杯分、夜に2杯分のコーヒーを淹れます。
もちろん、豆を挽いてから淹れるという本格派。
コーヒー豆の匂いって本当に癒されますよね^^

 

そのコーヒー豆のドリップ後のカスですが、そのまま捨てていませんか?
捨ててます?勿体無いですよ!

 

我が家で実践している、ドリップ後のコーヒー豆のかすを最大限有効活用する方法をまとめました。

 

スポンサーリンク

1.生ゴミの消臭剤として

コーヒーのかすって消臭効果があるらしいんです!
我が家では生ゴミはキッチンにある普通のゴミ箱に、レジ袋などの口を結んだ状態で捨てています。

 

ゴミの日は週に2回なので、夏はちょっと臭ってくるんですよね…。

 

そんな時に活躍するのがコーヒー豆のドリップ後のかすです!
ドリップ後のかすを発泡スチロールなどのトレーの上で乾燥させたものを、私はキッチンに常備しています。

 

実はそれだけでもキッチンの消臭に役立ちますが、生ゴミを捨てるレジ袋の中に、それも適量一緒に入れて捨ててみてください。
臭いが全然違います!

 

スポンサーリンク

2.車の消臭剤として

我が家では、先月までトドさんが喫煙者だったため、車がなんとなくタバコくさかったんですよね。
もちろん車の中では吸わせなかったんですけど…。

 

そんな時にも、コーヒー豆のかすは大活躍してくれました!

 

先ほどのように発砲トレーの上で乾燥させたコーヒー豆のかすを、ガーゼ素材の布で包んで車の中に入れてみてください。
しっかりと消臭してくれます。

 

タバコの匂いだけでなく、湿気も吸い込んでくれるのでオススメですよ^^
我が家では2週間に1度入れ替えをしています。

 

スポンサーリンク

3.タバコの火消しとして

今はトドさんがタバコを辞めたのでしていないですが、吸っていた時には湿った状態のコーヒー豆のかすを灰皿に敷いていました。

 

吸うのはもっぱらベランダなんですが、ベランダが臭くなるのを防いでくれましたよ^^
また、湿っているので火消しにも良かったようです。

 

スポンサーリンク

4.玄関先の掃除として

これはお茶の出涸らしでも実践している方がいるかもしれませんが、コーヒー豆を適度に干したもので掃除します。

 

我が家はアパートなので、玄関に湿気がたまりやすく、カビ臭くなります。
また、どうしても隙間から埃などが入ってくるので掃除は必須!

 

玄関掃除の時には、コーヒーのかすを適度に干したものを撒き、少し広げてから掃き掃除をします。

 

埃もコーヒー豆のかすを含んで取りやすくなりますし、もちろんここでも消臭効果を発揮してくれます!
芳香剤を置くより私はこの臭いが好きです^^

 

この時のコーヒー豆のかすの状態ですが、乾燥させすぎてもあまり効果はなかったような気がします。(私だけ…?)

 

スポンサーリンク

最後に

コーヒーの消臭効果ってかなりあるので、我が家では本当に重宝しています。
調べてみると、食器洗いや靴の掃除、美容にも活かせるようですが、我が家の消費量だとここまでが限界のようです(汗)

 

コーヒーの豆もかすまで使用できると、なんだかスッキリします^^
無理のない範囲で楽しみながら最後まで活用できたらいいですよね。

 

 

コメント