これまた万能!梅雨の室内干しを新聞紙で乗り切る

このブログに足を運んで頂き、ありがとうございます!
Akiです☆

ジメッと蒸し暑い日が続いていますね。
私が住んでいる地域はそろそろ梅雨明けしそうな感じではあるものの、
やはり雨が多く蒸しっとした毎日です。

こういう時に困るのが洗濯物。
今年は息子が生まれタオルの消費量が半端ないことになっています。
毎日洗濯機を回して乾かないとタオルが足りない…!

梅雨も終盤に差し掛かったところで、
今年実践した梅雨のジメジメ対策をご紹介します。

部屋の湿気に新聞紙!

部屋の湿気は家具やインテリアの天敵です。
さらに我が家のようにアパートだと、すぐにカビが押し寄せてきます。

水が溜まっていく湿気取りもありますが、
それだけではやはり追いつかないのも現状です。
そこで新聞紙を使います。

我が家は新聞をとっていないにも関わらず、
なぜか新聞紙が飽和状態にある家です。
その新聞紙を活用します。

新聞紙を上手に使う生活。新聞紙は実は万能だった!
定期購読しているご家庭も少ないとは思いますが、実は色々と使い道のある新聞紙。我が家の新聞紙の使い道をまとめました。

新聞紙を一度くしゃっとさせてから、
押入れの簀の子の下や靴箱に敷いておくと湿気を吸い込んでくれます。

さらに雨や水たまりで濡れた靴の内側に新聞紙を丸めて入れておけば、
水分を吸い込んでくれるだけではなく、脱臭効果まで期待できます。

室内干しの味方!新聞紙で速乾

室内干しって乾かずに湿気を放出するので最悪です。
さらに室内干しの独特の匂いが苦手です…。
いくら洗剤を変えてもやはりそこは苦手。

そこで、室内干しの洗濯物と洗濯物の間に乾いた新聞紙を干す
それだけで湿気や匂いが気にならなくなるんです。

さらに、新聞紙が湿気を効率よく吸い込んでくれるので、
洗濯物の乾きが通常より早いんです!
結構違うのでびっくりするかもしれません。

最後に

新聞紙を定期購読しているご家庭も少ないと思いますが、
湿気との戦いは主婦にとってはこの時期最大の問題。

新聞紙でなくともダンボールでも代用ができるので、
お荷物がきた時にはちらっと思い出してみてください。
ダンボールの際は靴箱と押入れがオススメです!

夏の台風など、まだまだ使用する機会はあると思います。
我が家は今年も湿気と戦います!

押していただけたら励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ 
スポンサーリンク







☆よろしければシェアをお願いします☆

☆ぜひフォローをお願いします☆

スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。