特別費の積立貯金をしよう!突然の出費をストレスにしない

このブログに足を運んで頂き、ありがとうございます!
Akiです☆

今日から日曜まで、トドさんは福岡・長崎に行きます!
会社の同期の結婚式で長崎まで行く途中、
本日は福岡の実家に泊まるそうです。

結婚式祝儀…交通費…飲み会代…そして太ったために新調したスーツ代…。
泣きたくなるくらいの出費です。
総額で13万円!!

冠婚葬祭は仕方ないとはいえ、
今月は月初めに福岡へ三回忌にも出席しています。
そこでも3万円…(泣)

通常の家計予算にない特別支出の計上の仕方

こんなに大きな出費は稀にしかなく、
通常の家計簿の予算に計上していたらお金の流れが掴めませんよね。
なので、各々の項目に計上することはしません。

今回の結婚式出席にかかったお金は、
我が家では交通費も交際費も全て「特別費」で計上します。

まぁ、こんだけ大金になると今月は確実に赤字です…(泣)

かなりイライラしています!

本当にイライラします!
一生懸命通常家計で節約しても、
トドさんの交友関係の冠婚葬祭でこんなにも大金を赤字になってしまいます。

冠婚葬祭は大事なのは分かるけど…!と行き場のないイライラがあります。

そうだ!特別費を別で積立貯金しよう!

他の方が運営している家計簿ブログ(誰だったか忘れちゃいました汗)で、
特別費を毎月積み立ててストレスフリーになった、という記事を読みました。

そこで、私もそれを導入したいと今回切に思いました!

毎月貯蓄のお金とは別でお金を積み立て
そこから今回のような特別費を捻出して家計を守る、という方法です。

我が家の2017年2月の段階の貯蓄計画は下記です!
この金額とは別で積み立てる予定です。
年間200万円貯めるための貯蓄管理!平均月17万円貯蓄を目指す

どのくらいの金額を特別費として積み立てればいいか

積立金額はいくらくらい必要でしょうか。

今回はスーツ新調というトドさんが太らなければ起こらない出費もありましたが、
基本的に地方に住んでいると冠婚葬祭には高額の交通費が必須になります。
もちろん、その交通費は帰省の度にもかかるものです。

ということは、1年間の予算として下記は絶対必要です。

  • 帰省用の交通費:6万円
    (年3回・各1.5〜2万円予算)
  • 冠婚葬祭の祝儀・香典:6万円
    (3回・各1〜3万円の予算)
  • その他予備:8万円
    (お祝いやお年玉など含む)

最低でも24万円は積み立てなければいけないんではないでしょうか。
ということは、特別費で毎月2〜3万円は別口で貯蓄をするということ。
これは他のご家庭よりも多いのか少ないのか…。

最後に

トドさんをイライラしながら送り出してしまったので話は出来ていませんが、
これは早急に話し合いをしないといけない問題だと思います。

8月にも結婚式が東京で1件あると言っていたような…(泣)
あぁ…ストレスなく特別費は積み立てをしよう…!

なんで今まで思いつかなかったのか!と自分を殴りたいです(泣)
行き当たりばったりな家計管理ですが、これからも試行錯誤していきます!

押していただけたら励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ 
スポンサーリンク







☆よろしければシェアをお願いします☆

☆ぜひフォローをお願いします☆

スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。